青汁を摂取したい!

大麦若葉の青汁の効果効能

青汁といえば、明日葉やケール、大麦若葉といった栄養豊富な野菜を多く含んでいます。
しかし、それぞれの野菜にはどのような効能があって、飲むことによってどれほどの効果が得られるのかあまり知られていないですよね。
栄養があることはもちろんのこと、体にどのような効果が出るのか、今回は大麦若葉の青汁に着目して紹介していきます。

大麦の穂がつく前の20センチから30センチの若葉のことを、大麦若葉と呼びます。
大麦若葉は苦みや渋みが少ないため、青汁の原料のなかでは飲みやすいといわれています。
そんな大麦若葉の青汁を飲むと、どのような効果があるのでしょうか。

大麦若葉は食物繊維を豊富に含んでいますので、腸内環境を整えてくれる善玉菌のエサとなります。
飲み続けることで腸内をキレイに保つことができ、便秘解消に努めてくれます。
さらに、カロリーも低いため、毎日の食事内容を改善すると、便秘解消だけではなくダイエットを助けてくれる効果もあります。

次に、女性はとくにうれしい美肌やアンチエイジング効果もあります。
大麦若葉の成分には、ビタミンB1、C、Eやベータカロテン、ミネラルとして鉄や亜鉛なども含まれています。
それだけではなく、抗酸化作用のあるSOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)酵素と呼ばれる成分を含んでいます。
このSOD酵素が活躍することで、シミやしわを作りやすくなる活性酸素の働きを抑え、アンチエイジング効果が得られるのです。

また、大麦若葉には貧血予防効果もあります。
血液を作り出すために必要な、鉄分とビタミンCをバランスよく含んでいるため、手間がかからずに貧血を予防することが可能になるのです。

女性にとっては美肌やアンチエイジングのみならず、貧血まで予防できるなんてすごく助かりますよね。
しかし、これらの効果を得るためには、なるべく長期間飲み続ける必要がありますし、すべての人に同じ効果が得られるわけではありません。
その点を踏まえたうえで、上手に食生活に取り入れてくださいね。