青汁を摂取したい!

青汁の代名詞である「ケール」

青汁といえば、大麦若葉や明日葉といった葉野菜が入っていることで知られています。
しかし、その中でも多くの青汁に含まれている野菜の代表がケールです。
ケールは体にいい、そう聞いたことはあっても、実際どんな野菜で、栄養はどれほどあるのか具体的なイメージはあまりないですよね。
そこで今回は、ケールの栄養素や効果、そしてなぜケールの青汁がおすすめなのか説明します。

まずケールに含まれている栄養素として、ビタミンA・E・C、カルシウム、食物繊維、メラトニン、ルテイン、フラボノール配糖体など、多くの栄養素が含まれているのです。
ビタミンは、生きていくうえで欠かせない栄養素として知られていますので、ビタミンA・E・Cそれぞれの働きを紹介します。
まずビタミンAは、視覚を正常に保ち、皮膚や粘膜の健康を維持する働き、そして抗がん作用があります。
そしてビタミンEは、抗酸化作用や細胞の老化の予防、血行改善や生殖機能を維持する働きがあります。
最後にビタミンCには、コラーゲンやホルモンの合成を促し、LDLの参加を予防し、鉄の吸収を促進する働きがあります。

それぞれのビタミンは、どれも生きていくためには大事な働きをしてくれるのです。
そのほか、骨や筋肉、ホルモンの形成や調整、活性化には欠かせないカルシウム、腸の機能や血糖値の急上昇などを抑えてくれる食物繊維も豊富に含んでいます。
さらに、睡眠に良いとされるメラトニン、目に良いとして知られているルテイン、皮膚炎を抑える効果があるフラボノール配糖体を含んでいます。
これらすべての栄養素が、人が生きる中でどれも欠かせない栄養素ですので、それが一度に摂取できるケールは健康に良い野菜として人気が出たのです。

しかし、ケールはあまり日本のスーパーで売られていることがありません。
そのため青汁で摂取することが一番効率よく摂取できます。
どうしても生で食べたいという方は、インターネットで購入することもできますが、毎日摂取したい方はぜひケールの青汁を取り入れてみてくださいね。