青汁を摂取したい!

青汁と血圧の関係

青汁を飲み続けることで、便秘解消・美容効果の他に、現代人の多くの人が抱える悩みの一つ、血圧の問題を改善してくれる働きもあるのです。
一体どのような成分が血圧と関係しているのか、今回は詳しく説明していきたいと思います。

まず、血圧を上げる原因の多くは塩分の摂りすぎだといわれています。
塩分の一日の基準摂取量は、男性では10グラム未満、女性では8グラム未満です。
しかし、欧米の食文化の影響によって、塩分を多く含んだ食事が増えたことや、レトルト食品などの簡単に食べられる食事が増えたことが、塩分を簡単に摂りすぎてしまっているのです。

そんな高血圧を解決する一つの栄養素としてカリウムが良い働きをしてくれます。
カリウムは体内の余分な塩分の排出を促し、血圧を調整する働きしてくれますが、カリウムの多くは野菜に含まれているため、野菜摂取量の少ない人にとっては不足しやすいのです。
そんなカリウムを青汁の主原料であるケールや大麦若葉は豊富に含んでいます。
そのため、高血圧の人や野菜不足の人には、青汁を飲むことで野菜不足と同時に、カリウム不足を解消できるように、毎日続けて飲むことをおすすめします。

それだけでなく、なんと青汁は低血圧の人にもとても良い働きをしてくれるのです。
青汁を飲み続けることで、血圧を正常な高さに戻す働きをしてくれるので、高血圧の人だけではなく、低血圧の人にもおすすめなのです。

ただし、これほど多くの人に効果のありそうな青汁でも、注意していただきたい人もいます。
それは、腎機能が弱いもしくは低下している人、または人工透析を受けている人です。
血圧上昇を防ぐカリウムは、腎臓で処理される栄養素です。
そのため腎機能が弱い方にとっては、良い働きどころか負担をかけてしまう恐れがあるのです。
どうしても青汁を飲みたい場合は、かかりつけの医師に相談したうえで飲むようにしましょう。
自分の健康を見直すきっかけとして、血圧を正常に保つよう上手に青汁を取り入れてみてくださいね。