青汁を摂取したい!

青汁で便秘解消

日頃の食生活で野菜不足になりがちな現代人にとって、手軽に栄養を補える青汁に人気があります。
数多く存在する青汁ですが、明日葉やケール、大麦若葉を使用している商品がほとんどです。
明日葉、ケール、大麦若葉には栄養が豊富に含まれているのはもちろんのこと、実は便秘解消にも効果があるのです。

便秘解消を助けてくれる栄養素の1つ食物繊維は、明日葉、ケール、大麦若葉に豊富に含まれています。
そんな食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類に分かれています。
水溶性食物繊維は水に溶けやすく、便の水分量やかさを増やしてくれることで、便秘を予防する働きをしてくれます。
また不溶性食物繊維は水に溶けにくいため水分を吸収し、腸壁を刺激することで朝の働きを活発化させ、排便を促してくれる働きがあります。

この2つの食物繊維は両方をバランスよく摂取することが理想ですが、なかなかバランスよくとはいきません。
しかし、明日葉、ケール、大麦若葉は2つの食物繊維をバランスよく含んでいるため、青汁を飲めば効率よく便秘を解消することが出来るのです。

しかし食物繊維を摂取したからといっても、便秘がすぐに解決するわけではありません。
便秘を解消するために必要不可欠なのが、腸内環境を整えることです。
腸内環境が悪い状態だと、腸の働きを弱める悪玉菌が増殖しやすくなります。
そうなると、腸の排便する力が弱くなるため便秘の原因の1つとなってしまうのです。
そこで最近の青汁に多く含まれているオリゴ糖は、腸内環境を整えるにはピッタリな働きをしてくれます。
オリゴ糖は腸に届くまで分解されず、腸の働きを助ける善玉菌のエサとなり、悪玉菌を退治してくれるのです。
そして善玉菌が多い理想的な状態、腸内フローラを作ることが出来るのです。
そうすることで便秘解消の環境ができ、さらに先程述べた食物繊維の力を借りることで、より正常な排便を促してくれるのです。

ただ健康のため、栄養不足を補うために飲んでいる青汁には、便秘に悩んでいる人にとってのまさに救世主ですよね。
ただし、便秘を早く直したいからといって青汁を沢山飲めばいいわけではありません。
1日の適量を守って、時間をかけてゆっくり便秘解消に向けて青汁を飲み続けていきましょう。